ニュージーランド留学にかかる費用は半年で約100万円が最低ラインです。

NZ語学留学にかかる費用

ニュージーランドの通貨

 

ニュージーランドへの語学留学にかかる費用をまとめました。

 

滞在期間や学校、留学先の都市によって詳細は変わってきますが、ひとつの目安として参考にしてみてください。

 

半年間留学した場合の目安

  • 学費:50~100万円
  • 居住費:30~50万円
  • 生活費:10~30万円
  • 旅費:8~20万円(往復)
  • 海外留学保険費:2~15万円
  • 諸費用(パスポート・ビザなど):3万円
  • 健康診断:2~4万円
  • 雑費(娯楽に使うお金など):15~30万円
  • 合計:120~252万円

 

各項目で上限値を合計すると250万円ほどかかりますが、高額なケースでも半年の留学で総額200万円以下に収める方が多いです。

 

学費・居住費・生活費など月々にかかる費用は滞在期間によって変わってくるでしょう。
旅費や健康診断費用などは一度だけの支払いなので、滞在期間が長いほど月々の単価は安くなります。

 

ニュージーランド留学で必要な航空チケット

 

航空チケットを安い所で早めに予約し、雑費や生活費を抑えることで100万円程度にまとめることもできます。
ですが、海外留学保険や学費は軽い気持ちでケチらないほうがいいでしょう。

 

お金が必要になる項目を理解した上でお金をかける所と節約する所を見極めて、予算に応じた計画を立てるようにしてください。

 

期間別の目安
  • 1ヶ月:20~50万円
  • 3ヶ月:50~100万円
  • 6ヶ月:100~200万円
  • 12ヶ月:200~370万円

 

上記はあくまでも目安です。
相場より大幅に安くすることは難しいですが、こだわり条件が多いと上限金額をオーバーすることもあります。

 

目安で紹介した上限予算を用意しても、生活スタイルや価値観によっては現地での生活で不自由に感じる面もあるので注意しましょう。

 

ワーホリに必要な軍資金

ワーキングホリデーの場合、本人のやる気次第になりますが、月平均150時間ほど働くことが可能です。
ニュージーランドは全国一律で最低賃金が時給16.5NZドル。時給20.0NZドル程度の仕事もたくさんあります。
月に時給17ドルで150時間働けば2,550NZドルになります。

 

また、ニュージーランドは祝日に働くと給料が1.5倍になり、有給取得や有給未消化による上乗せもあるので、月に2,700NZドル程度が留学生の平均的な月収です。
2,700NZドルは日本円で19万円弱(1NZドル70円で計算)。

 

ニュージーランドでワーホリする人

 

しっかり働けば居住費・生活費・雑費をカバーできるため、その他の学費や旅費、保険料などを工面すれば語学留学できます。
ただし、災害の発生など思うように働けないこともあるので、相応の貯金を持っておくことが望ましいでしょう。

 

一部では、現地の労働基準法で定められた有給消化をさせないなど、不当に安い賃金で留学生を雇用する所もあります。
したがって、生活費を現地で稼ぎたい場合は、ルールを理解して適正な待遇で迎え入れてくれる就職先を探すことが大切です。

TOPへ