ニュージーランドでの語学留学を便利にする準備についてまとめています。

留学前の準備

ニュージーランド語学留学は、現地で長期間生活するにあたって事前に準備をすることがたくさんあります。
準備する内容や始める時期は留学の期間や内容によって変わりますが、まずは早い段階から情報収集することが大切です。
留学前の準備で役立つ情報をまとめました。

 

準備の内容

留学前の準備は大きく分けて以下の3つの種類に分類されます。

 

  1. 企画段階
    • 学校や滞在都市、手配会社を選ぶ
    • 費用を確認する
    • 留学費用を貯める
    • 英語の勉強を始める
    • 評判や口コミをチェック
    • 観光プランを考えておく

     

  2. 絶対に必要な準備
    • パスポートの発行
    • ビザの取得
    • 航空券や滞在先の手配
    • 海外留学保険への加入
    • 荷物をまとめる

     

  3. 準備しておくと便利なこと
    • 虫歯を治療しておく
    • クレジットカードを作る
    • 公共機関などへ不在連絡を入れる
    • 国際運転免許の取得
    • ホームステイ先へのお土産を用意する
    • レンタル携帯電話を手配する
    • 滞在期間、連絡先を親族や親しい友人へ伝える
    • SNSのアカウントを作る

 

語学留学は日本の手配会社へ申込と支払をして、留学生へ義務づけられた保険への加入と航空券・パスポート・ビザさえあれば最低限必要な準備は完了します。
ただし、現地では日本に比べて不自由することが多いので、入念に準備を進めるようにしましょう。
しっかり準備できていれば、現地で楽ができて無駄な出費を抑えられます。

 

準備しておくと便利なこと

必要な準備の種類③で紹介した内容の中から、特に重要な準備項目ついて詳しく解説します。

 

虫歯を治療する重要性

 

旅行に備えて虫歯を治療する

 

ニュージーランドへ語学留学する際は医療費などを保障する保険への加入が必須です。
しかし、現地では日本に比べて医療機関の数が少なく、通院すると学校や仕事へ支障がでてしまいます
現地での体調不良は致し方ないことで早めの受診をおすすめしますが、歯の治療は日本で先に済ませておくことでリスクを軽減できます。
歯の治療は何度も通院する必要があるので留学中に歯が痛くならないように、痛みが出ない軽微な虫歯を事前に治療しておきましょう。

 

クレジットカードの準備

ニュージーランドは治安が良いですが日本に比べると置き引きやひったくりが多いので、大金は持ち歩かないことをおすすめします。
海外での生活はクレジットカードがあると便利ですが、JCBのカードブランドはニュージーランドで扱っている店舗が少ないです。
VISAかMasterCardのカードブランドで、生活費などの支払いができる限度額設定のクレジットカードを必ず用意しておきましょう。

 

公共機関への不在連絡

1人暮らしで留学中は家が不在になる場合は、電気やガスを止めて年金・健康保険、郵便局などへ不在連絡を行うようにしてください。

 

国際運転免許の取得

日本の運転免許だけではニュージーランドで車の運転ができません
レンタカーなどで観光を楽しみたい場合は、事前に国際免許を取得しておきましょう。
日本の運転免許があれば、免許センターへ申請するだけで国際免許を取得でき、費用は2,000~3,000円程度です。

 

携帯電話は日本で手配

海外旅行や留学に慣れている人ならSIMフリーのスマホを用意して現地で通信会社と契約したり、端末ごと契約することもできます。

 

SIMフリーのスマートフォン

 

しかし、出発時点で日本語が未熟な留学生は、現地で携帯電話を手配するのは難易度が高く、現地でお世話になる人へ事前に連絡先を伝えることができません。
日本から申し込めるレンタル携帯電話であれば、現地に着いてから手配する必要はなく、端末の故障など問題が起こった時でも日本語のサポートを受けられます

TOPへ