ニュージーランド英語にはマリオ語からの借用語がある等の特徴があります。

ニュージーランド英語の特徴

ニュージーランド英語の特徴は以下の通りです。

  • イギリス式英語
  • オーストラリア英語と同様にオセアニア地域ならではの訛りがある
  • 一部の単語を省略する文化がある
  • マリオ語からの借用語がある

 

大きなポイントは、ニュージーランド英語はイギリス式のため、アメリカ英語とは一部で発音や単語の使い方が異なる点です。

 

このほか、地域ならではの訛りや現地の特有の言葉がありますが、語学留学の学校では一般的な英語とニュージーランド内での使われ方を丁寧に教えてもらえます
そのため、ニュージーランド以外の国で覚えた英語を使っても不自由することはないでしょう。

 

イギリス英語は覚えやすい

イギリス英語はアメリカ英語に比べて日本人でも素直に入っていきやすいと言われています。
イギリス英語とアメリカ英語の発音の違いをご覧ください。

 

  • water(水)
    アメリカ式:ウァーラァー
    イギリス式:ウォータ
  • letter(手紙)
    アメリカ式:レラー
    イギリス式:レタ
  • can(できる)
    アメリカ式:キャン
    イギリス式:カン

 

相違点が多いアメリカ式とイギリス式の英語

"can"については、アメリカは「キャン」、イギリスは「カン」と発音し、学校の授業で「キャン」と教わっている日本人にはアメリカ式の方が馴染みがあります

 

ただ、ネイティブな発音をすることを考えた場合、イギリス式の方が簡単で発音方法さえ覚えておけばヒヤリングの難易度がアメリカ式よりも低いです。

 

単語は分かりにくい

イギリス式英語は日本では馴染みのない単語の使い方をするケースが多いです。
直感で単語の意味を理解したり、単語の種類を覚えたりするのに苦労しやすいでしょう。

 

一例をご覧ください。

  • 炭酸水
    アメリカ式:soda
    イギリス式:fizzy drink
  • お持ち帰り
    アメリカ式:take out
    イギリス式:take away
  • 薬局
    アメリカ式:drag store
    イギリス式:chemist

 

現地の英語は理解しにくい

ニュージーランド人の英語には以下の特徴があります。

 

  • 早口
  • 口をあまり開けないでモゴモゴ話す
  • 語尾を伸ばすイントネーションがあり、疑問文と勘違いしやすい
  • マリオ語からの借用語や略語を使うことが多い

 

ビジネスレベルの英語力がある人でも、海外旅行でニュージーランドへ行くと現地の人の英語を1回で聞き取れないことが多いと言われています。

 

ゆったりした口調で聞き直せば現地の人も気を使って分かりやすく話しをしてくれますが、親密な関係になって会話が盛り上がると、たたみかけるような早口英語が飛んできます。

 

現地の生活だけで英語を習得するのは難易度が高い地域と言ってもよいでしょう。
そのため、この独特な英語が、NZ留学におけるデメリットのように感じてしまう人もいらっしゃいます。

 

語学留学の場合は心配いらない

しかし、ニュージーランドは国策で語学留学の受け入れを強化しており、授業の質がとても高いです。
英語の授業を受けられる語学留学であれば、ニュージーランド英語ならではの癖で苦労して習得するスピードが遅くなることはありません

 

ニュージーランドの語学学校の授業

 

現地で生活する場合は、聞き取れなかった際に受け流すのではなく、しっかりと聞き返して、英語が未熟な日本人でも理解できるように話をしてもらいましょう。
分からないことをそのまま終わらせてしまうと、英語の習得スピードが落ちてしまいます。

 

現地の訛りや特有のイントネーションは、意味を理解すれば生活の中で自然と慣れていきますよ。

TOPへ